除毛クリームの基礎知識

【肌が弱いとヤバい!?】除毛クリームの危険な成分とは?

除毛クリームでムダ毛処理をしようと、悩んでいる人は、「危険な成分とか使われていないか心配!」「副作用とかなく使えるの?」など、不安がありますよね?

結論から言うと、除毛クリームでムダ毛のお手入れをすると、カミソリなどのシェーバーでムダ毛するよりも、ツルツルな仕上がりになります。

最近は、カミソリの処理後がチクチクするから、除毛クリームを使用している人も多くなりました。手軽に綺麗になるので、除毛クリームを使ってムダ毛のお手入れをしている女性も多いですね!!

しかし、除毛クリームはアルカリ性の成分を使ったクリームでムダ毛処理する方法で、毛を溶かすほどの力があります。ということは、その分危険性もあるということも考えられますね。

女神
女神
初めて使う人にとっては、除毛クリームの危険な成分や副作用が気になりなりますよね?今回は、除毛クリームの危険な成分・使用上の注意点などについて、詳しくお教えできればと思いますので、ご参考になれば幸いです。

除毛クリームの成分って?

除毛クリームを使うとき、除毛クリームの成分がどのようなものか気になりますよね。まず、除毛クリームはアルカリ性のクリームで、たんぱく質である毛を溶かします。

そして、除毛クリームは、目に見えているムダ毛だけでなく、毛穴の中にまで浸透するので、仕上がりが綺麗になるのです。

カミソリでムダ毛のお手入れをするときは、毛穴の中まで処理することはできません。目に見えている表面のムダ毛だけしかお手入れすることができないので、毛の断面が見えて黒くポツポツとしています。

しかし、除毛クリームを使うと、そのようなことがないので、ツルツルな仕上がりになるのが特徴です。

除毛クリームの危険な成分はチオグリコール酸

多くの除毛クリームの中には、チオグリコール酸カルシウムという成分が入っています。たんぱく質である毛が溶けるのは、この成分が入っているから。

たんぱく質である毛が溶ける、ということは、同様に肌のたんぱく質にも反応します。肌を溶かすほどではありませんが、肌へのダメージはあります。

除毛クリームの中で、「敏感肌用」と書かれた商品もあります。これは、チオグリコール酸カルシウムの濃度が低かったり、保湿成分を配合していたりするためでしょう。

除毛クリームの副作用

肌弱いと除毛クリームは危険敏感肌用の除毛クリームでも、少なくとも肌にダメージや副作用があることは覚えておきましょう。肌が弱い人は、除毛クリームを使った後、火傷したようにヒリヒリとしたり、肌が赤くなることがあります。

これは、タンパク質を溶かす成分のチオグリコール酸カルシウムが、肌の弱い人への副作用を引き起こしてしまいます。

敏感肌の人や肌が弱い人、皮膚が薄い人に起こる副作用の為、使用する前には、パッチテストをしてから使用しましょう!

女神
女神
一度、肌がダメージを受けると、回復するまでに時間はかかります。しっかり回復する前に、何度も除毛クリームを使うと、ダメージが重なり、肌トラブルをおこしてしまいます。

特に、敏感肌やアトピー肌の人は、1回でも肌トラブルを起こす可能性があるので、十分に気をつけて除毛クリームを使用しましょう。

あわせて読みたい
本当におすすめできる!?除毛クリームの使い方や安全性を徹底比較今回の記事は除毛クリームの正しい使い方で「私が実際に試した、おすすめ10個のコツ」をご紹介しています。 ツルツルで綺麗なお肌に仕上...

除毛クリームの使用上の注意!

除毛クリームを使うには、それなりの危険性があります。しかし、それでも手軽で綺麗な仕上がりになるので、除毛クリームを使いたいという女性も多いでしょう。

そんなときは、除毛クリームを使うときに。気をつけるべきポイントがあります。

海やプールに行く前の除毛クリーム

ムダ毛のお手入れをしたくなるのは、ほとんどの場合が夏。
露出も多くなるので、除毛クリームで綺麗にムダ毛のお手入れをしたいと思うでしょう。

そこで気を付けなければならないのが、海やプール!

海やプールに行く前に、除毛クリームでムダ毛のお手入れ☆という女性も少なくありません。しかし、除毛クリームは絶対に海やプールに行く前の日に使わないこと!

海やプールに行く日は、必ず日焼け止めを塗りますよね。この日焼け止め。除毛クリームを使った次の日に使うと、肌への刺激がかなり強くなるのです。

除毛クリームでムダ毛のお手入れをしたときは何のトラブルがなかったとしても、日焼け止めを塗った瞬間に、肌があれてしまうことがあります。

さらに、プールの水は塩素がとても強いので、除毛クリームでダメージを受けた肌がより荒れやすくなるのです。海やプールのために除毛クリームでムダ毛のお手入れをするときは、1日以上あけるようにしましょう。

保湿する場合の注意点と使い方

また、除毛クリームでムダ毛のお手入れをするときは、毎日保湿クリームなどでしっかりと肌のケアをして、肌をいい状態にしておくことが大切です。

乾燥している肌に、除毛クリームをぬると…角質が溶けやすくなり、除毛クリームが浸透してしまうのです。そうすると、肌にかなりのダメージが加わるので、気をつけましょう。

そして、除毛クリームを使った後で保湿する場合は、保湿クリームを使うこと。間違ってもアルコールなどを含んだ化粧水でアフターケアはしてはいけません。

除毛クリームでダメージをうけた肌に、さらなるダメージを与えることになります。

パッチテスト

肌が弱い人は、敏感肌用の除毛クリームを購入したとしても、念のためにパッチテストをすること。また、「肌が強いから大丈夫!」という人も、前もってパッチテストを行い、肌荒れをしないかどうかを確認することが大事です。

除毛クリームの成分は、あなたが思っているよりも刺激があるということを理解して使用しましょう。パッチテストを行わずに、後々肌が荒れてしまうと、後悔だけが残ります。

そうならないためにも、パッチテストは忘れずに行いましょう。

説明書に従う

除毛クリームを繰り返し使えば、ムダ毛がなくなる…長時間放置すれば、ムダ毛がなくなる…それは間違いです。

日にちをあけずに除毛クリームを使用したり、説明書に書かれた放置時間を無視したりすると、肌トラブルをおこす可能性があります。

「大丈夫!」という考えは捨てて、必ず除毛クリームの説明書に従って、ムダ毛のお手入れをしていきましょう。

低刺激な除毛クリームの特徴

もともと、刺激のある除毛クリーム。でも、肌に塗るものだから、できるだけ安全で肌に優しい低刺激の除毛クリームを使いたいですよね。

低刺激の除毛クリームの特徴をいくつか説明していきます。

植物成分配合

除毛クリームによりますが、除毛クリームに入っている毛を溶かす成分は、チオグリコール酸カルシウムというもの。この成分は、たんぱく質を溶かすほどの強い成分です。

そして、この強い成分から肌を守るために配合されているのが、植物成分。除毛クリームの成分をみてみると、植物成分の配合量や種類が多いものがあります。

それらが多いほど、低刺激の除毛クリームとなり、肌を守ってくれます。

医薬部外品配合

厚生労働省の認可があるものを、医薬部外品といいます。

除毛クリームに、医薬部外品配合と書かれていれば、安全な成分を使用していて、品質の高い商品といえます。そのため、除毛クリームを購入するときは、医薬部外品かどうかを確認しましょう。

安すぎるものは、何かしらの理由があるから危険!!

できることなら、安い除毛クリームを買いたい、という人もいるでしょう。低刺激の除毛クリームは、およそ2000円-3000円で売られているのが普通です。

しかし、ドラッグストアなどの店頭で、安く低刺激の除毛クリームが売られていることが時々あります。

もちろんセールをしているときもありますが、そのお値段があまりにも安いということは、低刺激となりうる成分の質が悪かったり、配合量が実は少ない…なんてことがあります。

敏感肌用や低刺激の除毛クリームと書かれていても、必ずしも安全なものとは言えないので、安すぎる除毛クリームには気をつけましょう。

まとめ

いかがでしたか。

便利な除毛クリームですが、使い方を間違えると肌へのダメージがとても大きくなり、肌トラブルをおこす可能性も高くなります。

除毛クリームの危険性をよく知り、使用上の注意を理解したうえで、除毛クリームでムダ毛のお手入れをしていきましょう。