除毛クリームの基礎知識

肌に良くないのは?除毛クリームとカミソリを実際に比較した結果

カミソリと除毛クリーム比較

あなたは、ムダ毛のお手入れをどうしていますか。

除毛クリーム…?カミソリ…?それとも抜いたりしていますか。ムダ毛のお手入れは、女性のエチケット。

しかし、自己処理の方法を間違えると、綺麗な肌も台無しになってしまいます。どの自己処理の方法が一番いいのか…。

今回は、除毛クリームとカミソリのムダ毛のお手入れについて、ご紹介します。

除毛クリームとカミソリの特徴を比べてみました

まずは、除毛クリームとカミソリを比べて、それぞれどのような特徴があるのかをみていきましょう。

除毛クリームの特徴

除毛クリームとは、ムダ毛をアルカリ性のクリームを用いて溶かし、ムダ毛の処理をしていきます。ムダ毛にクリームをぬって、5-10分ほど時間をおいてから、クリームをふき取るだけ。とても簡単にムダ毛のお手入れができます。アルカリ性は、肌に負担がありますが、最近では保湿成分が配合されたものもあるので、その除毛クリームを使用すれば、肌への負担を減らすことができます。

カミソリの特徴

ムダ毛のお手入れで、一番安く済ませられるのが、カミソリを用いること。100均などでもカミソリは売られているので、かなり安上がりに。しかし、方法を間違えるとカミソリまけをして肌が荒れたり、毛が濃くなってしまうこともあります。そのため、カミソリでのムダ毛のお手入れも、正しい方法で行わなければいけません。

除毛クリームとカミソリでは肌への負担が違う

女性なら、ムダ毛のお手入れのときに気になるのが、肌への負担。

ムダ毛のお手入れをしているにもかかわらず、肌に負担がかかり、肌トラブルを引き起こすのは避けたいところ。除毛クリームとカミソリの肌への負担をみていきましょう。

除毛クリーム

アルカリ性のクリームをのせてムダ毛のお手入れをする除毛クリームは、薬品を使うため肌への負担はあります。そのため、肌への負担を減らしたい場合は、アルカリ性の刺激を和らげてくれる成分が入っているものを選びましょう。刺激を緩和させる成分が入っていないと、肌荒れの原因になってしまいます。

ドラッグストアなどでは、お手頃な除毛クリームが売られていますが、低価格な分、肌への負担を和らげる成分があまり入っていないことがあります。除毛クリームを買う場合は、保湿力と天然由来成分をよく確認すること。

ハーブエキスやアロエエキスの成分が入っていると、肌への刺激はほとんどなくすことができます。

また、保湿力のある除毛クリームを選べば、ムダ毛のお手入れ後の肌を乾燥から守り、肌荒れをさけることができます。できるだけ低価格で抑えたい…ということもありますが、その分肌への負担は大きくなると心得ておきましょう。

カミソリ

カミソリは、処理の方法を間違えると、肌荒れや血がでてしまうことがあります。

肌の表面・角質層をボロボロにしてしまうと、肌のバリア機能も下がり、炎症を起こしてしまうことも…。肌への負担を減らすためにも、刃を新しいものに定期的にかえること、そしてシェービングジェルを使うことがポイントになってきます。

できるだけ肌への負担をなくしたい場合、1枚刃よりも3枚刃などのカミソリの方が肌への刺激が和らげられることも覚えておきましょう。最近では、電気シェーバーもお手頃価格で売られているので、負担の少ない電気シェーバーを使ってみるのもおすすめです。

除毛クリームとカミソリの処理頻度(期間)は?

ムダ毛のお手入れって定期的にしないといけないので、かなり面倒なもの。できるだけ、処理の頻度を少なく済ませたいけれど、除毛クリームとカミソリではどちらがいいのでしょうか。除毛クリームとカミソリの処理頻度について、みていきましょう。

除毛クリーム

人それぞれ、毛の濃さや太さは異なります。
そのため、除毛クリームでの処理の頻度も異なりますが、だいたい5日に一度。
長くもつ人なら、2週間に一度でいいでしょう。
除毛クリームのなかには、毛の成長を抑えるタイプの除毛クリームもあります。
お値段はあがるかもしれませんが、その分頻繁にムダ毛のお手入れをする必要がなくなるでしょう。

カミソリ

カミソリでムダ毛のお手入れをした場合、少し伸びてくるとチクチクとしてきて、気になる人が多いでしょう。
チクチクしてくるのは、だいたい2-3日。
しかし、頻繁にカミソリでムダ毛のお手入れをしていると、肌を痛めることがあるので、様子を見ながら処理をしましょう。

除毛クリームとカミソリでは処理の時間が異なる

ムダ毛のお手入れにかかる時間って面倒だな…と感じる女性も多いでしょう。数分で済むことならいいですが、数十分…となってくるとムダ毛のお手入れも面倒になってきます。除毛クリームとカミソリでムダ毛のお手入れにかかる時間はどれくらいなのか…みていきましょう。

除毛クリーム

除毛クリームは、アルカリ性のクリームをぬって放置するという流れがあります。
放置する時間もふくめて、およそ10-15分はかかるでしょう。
塗ってしまえば、あとは放置するだけなので、背中などのお手入れも簡単にできます。

カミソリ

カミソリでムダ毛のお手入れをする場合、どの範囲を剃っていくかによって異なります。
腕や足だけであれば、5分ほどで済むでしょう。
しかし、手の届きにくい背中などのムダ毛処理をする場合、30分ほどかかる場合もあります。

背中など、見えにくい場所を処理する場合は、血が出てくることもあるので、カミソリの使用には気をつけましょう。

除毛クリームとカミソリどちらがコスパ最高

誰もが気になる費用面。できるだけ低価格でムダ毛のお手入れを済ませたいもの。除毛クリームとカミソリでかかる費用はどれくらいなのかをみていきましょう。

除毛クリーム

肌への負担を減らしたり、肌トラブルを避けたい場合:1か月およそ2000‐3000円
低価格な除毛クリームもありますが、少し費用をあげるだけで、肌トラブルをさけることができます。
2000‐3000円で、肌トラブルをさけられるので、低価格な除毛クリームよりもやはり保湿力などが配合されているものを選びましょう。
除毛クリームは、一度に払う金額はカミソリより多くなるかもしれませんが、除毛クリームは1本でおよそ1か月ほどもちます。
そのため、月額で考えると意外とカミソリにかかる費用とそれほど変わらなくなっているのです。

カミソリ

1か月でかかる費用:1500‐2500円
最近では、100均などでもカミソリを購入することができます。
使い捨てのカミソリが2本入って、100円だったりします。
ただし、1枚刃のものが多いので、肌への負担を考えるなら3枚刃以上のカミソリを購入しましょう。

3枚刃のカミソリは、およそ1000円。
替えの刃などを購入すると、4本で1500円~となってくるでしょう。
刃を交換するタイミングは、切れ味が悪くなってきたら。
目安としては、月に2回程度となっています。
そして、カミソリでムダ毛のお手入れをするときに忘れてはいけないのが、シェービングジェル。

肌荒れを防ぐためにも、シェービングジェルなどを使用すること。
シェービングジェルは、およそ1000円で購入できるでしょう。

まとめ

いかがでしたか。

除毛クリームでムダ毛のお手入れをしても、カミソリで行ったとしても、肌への負担は少なくともあります。しかし、いい除毛クリームを選び、正しい方法でムダ毛のお手入れをすれば、どちらの方法でも肌への負担は減らすことができ、肌トラブルも防ぐことができます。

除毛クリームとカミソリ、どちらの方が自分に合っているかをよく考えて、ベストな方法を選んでいきましょう。